逓増定期保険を使った節税だけじゃない!様々な保険商品の活用方法

逓増定期保険を使った節税だけじゃない!様々な保険商品の活用方法

説明

保険の意義を知ろう

保険は日々の生活の中で起こる可能性がある様々なリスクに対して備えをしておく制度です。リスクに対して自分だけで対処しようと思っても難しいことが多いため、リスクに備えておきたいと同じように考えている人から一定のお金を集めてリスクに備えます。

逓増定期保険の仕組みを知って節税しよう

逓増定期保険は定期保険の一種で契約した後から保健期間の満了時までに保険金額が契約した時の金額から5倍まで増加する定期保険のことを言います。法人の税務取扱いでは保険料の一定額を損金として処理できるため財務強化対策や退職金の準備として使われることが多いです。

逓増定期保険を申込する際の注意点

逓増定期保険の節税効果は本来課税される税が後回しになることによりその期間の利益を得ることができるところにあります。解約返戻金を受け取る時は課税対象にあるため解約返戻率が高い時にお金がほしいタイミングを合わせなければなりません。

経営者は保険加入した方がよい!

経営が落ち込みそうな時期や退職金のために大金が必要になるといったタイミングがあるでしょう。この時に保険に加入していれば掛金よりも多い金額を受け取ることが出来ますので万が一の時は安心できるといったメリットがあります。

保険の種類

万が一に備える保障性の高い保険

保障性の高い保険は定期保険と終身保険の2種類があります。保障期間が一定か一生涯かの違いのほかに定期保険の方が安い保険料で大きな保障が受けられ、終身保険の方は同様の保険内容では保険料が高い傾向にあるのが特徴の保険です。

入院・手術などの医療費に備える保険

医療費に備える保険としては医療保険があります。この保険も一定期間のみ保障をしてくれるものと一生涯保障してくれるものとがあります。保険会社によってカバーしてくれる範囲が異なるため契約内容によってはがん保険など特定の病気に特化した保険に加入した方が良い場合もあります。

将来へ向けての備えとして養老保険

資産形成効果が高いのが養老保険の特徴です。定期保険や終身保険に比べて同じような保障内容であれば保険料は高くなります。しかし保険期間が満期を迎えると満期保険金を受け取れるため保険料の掛け捨てにはならない保険です。

年金として受け取れる年金保険

年金保険は個人年金保険とも言われ、あらかじめ決めた日まで生きていた場合に年金としてお金が受け取れる保険になります。途中でも解約はできますがその場合は元金割れするリスクがありますが確実に将来に向けてお金を貯めたい人にはぴったりです。

広告募集中