節税を業者依頼と自分でする場合の比較

専門業者の手によって、余計な手間も省いて時間を有効活用できる

節税対策を業者に依頼せずに自分で行おうとすると、さまざまな法律を調べて制度を調べてと、さまざまな知識が必要となります。これを一から行うとすると膨大な手間と時間がかかってしまい、それらの手間を省き時間を有効活用するためにも業者に依頼することが勧められます。

正確さは確かであるが、費用がかかる

節税対策を専門の業者に依頼すると、書類や会計上でもしっかりと行ってくれるので正確でミスのない節税を行うことができることがメリットです。しかし、これを業者に依頼するとなると費用がかかってしまうということがデメリットではあります。

節税対策で気を付けるポイントランキング!

no.1

法人税と所得税を理解する

個人で節税対策を行う際は所得税の節税がおもなものとなりますが、企業や法人において節税対策をする際は、所得税ではなく法人税がおもな節税対策となります。何を対象とする節税対策なのかを把握して行う必要があります。

no.2

役員報酬が損金となる

法人においては、社長をはじめとして役員が複数名存在することがあります。この役員に支払う報酬である役員報酬は、社員に支払う給与とは異なり法人の損金として換算できる部分もなるので、節税対策として利用できます。

no.3

不要な資産の処分を検討する

決算をする際に、法人で抱えている不動産をはじめとする資産が、既に使っていない場合や実際には存在していないような場合には、処分することが勧められます。これらの資産を有していることで莫大な税金をとられることもあり、適切に処分することで節税対策となります。

no.4

保険や制度に加入する

法人や個人事業主を対象として、さまざまな制度や保険が存在しています。倒産を防ぐための保険などに加入していると、その保険料が損金として換算されて節税対策となることもあるので、検討が必要です。

no.5

必要経費を増やすことで節税

税金の額が増えるのは、法人や企業としての利益が上がっているからですが、利益を不正に少なく報告することはできません。利益を増やすことをせずに、必要となる出費を増やすことで、節税対策とすることもできます。

節税業者を利用する流れ

企業の利益を正確に知る

節税対策をしたいと考えている企業主は多くいますが、節税対策として業者に依頼する前に、どれだけの利益が出ているのかをまずは正確に把握することが必要です。会社の正確な利益を知っていなければ節税対策を練ることはできません。

節税対策をする業者を探す

節税対策をしたいからと言って闇雲に、業者に依頼してはいけません。業者によっては、ろくな節税対策を行っていないこともあるので、業者選びを怠ってしまうと、逆に損失になることもあります。節税対策のリスクもしっかりと説明してくれる業者を探す必要があります。

まずは電話で相談

節税対策を業者に依頼する場合、一般では電話相談からはじまります。電話で双方の都合に合わせた日時を指定して面談を行います。この面談の際に決算状況が分かる資料をそろえることで、業者にどのような状況かを判断してもらいます。

ヒアリングと見積もりの提示

面談により決算報告書を見て、業者側からどのような節税対策をすることができるか、そもそも節税対策とはどのようなものかを説明を受けるとともに、節税対策を行った際にどれほどの費用がかかるかの見積書を提示してもらいます。

コンサルティング契約

見積りの内容と節税対策の説明に納得がいったならば、コンサルティング契約を結びます。節税対策の費用は、個別に対策費用として掛かるというよりも、コンサルティング・顧問料の中に含まれていることがほとんどです。定期的に業者が帳簿をチェックしてくれます。

逓増定期保険での節税対策は専門会社に任せる~契約の結び方~

家族

節税の方法にもいろいろある

節税対策には、さまざまな方法があります。ひとつには資産の整理や役員報酬額の設定によってかなえることができますが、保険によって行うこともできます。節税対策にぴったりの保険としては逓増定期保険があげられています。

節税する理由

節税対策の理由とは、もっともあてはまるものは無駄なお金を使いたくないというものです。無駄を省くことができれば、現在の企業努力に見合った利益を得ることができます。逓増定期保険による節税対策では、節税以外にも役員退職金の準備として活用している場合もあります。

[PR]三井住友海上の海外保険の内容を公開
旅行を検討しているなら必見!

[PR]お金の悩みはファイナンシャルプランナーに即相談☆
老後に備えよう♪

[PR]節税対策には逓増定期保険がオススメ!
プロが親身に対応してくれる

広告募集中